土地の名義変更を自分で手続きする際の流れを紹介

土地の相続には名義変更が必要となります。

名義変更の手続きは専門家に依頼することもできますし、手間と時間はかかりますが自分でもおこなえます。

自分で手続きする際は、以下のような流れで進みます。

◎書類の準備と作成を行う

まずは次の書類を準備してください。

・土地の登記簿謄本

・戸籍謄本(被相続人と相続人)

・固定資産税評価証明書

土地の登記簿謄本は法務局で取得できます。

戸籍謄本と固定資産税評価証明書は市町村の役場で取得してください。

書類の準備が終わったら、次の書類を作成してください。

・遺産分割協議書

・登記申請書

遺産分割協議書は相続人が複数存在するときに必要になる書類です。

相続人の署名と捺印のほか、相続人の印鑑証明書も取得しておいてください。

書き方が分からないときは、インターネット上で公開されている遺産分割協議書の見本を見ながら作成すると良いです。

登記申請書は土地を名義変更する際に必要になります。

登記申請書には、登録免許税(評価額×0.4%)分の収入印紙の貼り付けが必要です。

◎法務局へ申請する

書類の準備と作成が終わったら、法務局で登記申請を行います。

提出する書類に間違いがあると、登記申請が完了するまで時間がかかってしまいます。

◎専門家に依頼するといくらかかる?

自分で土地の名義変更手続きを行う自信のない方は、登記の専門家である司法書士に依頼することも可能です。

司法書士に依頼した場合は、事務所によって異なるものの5万円から10万円ほどの費用がかかります。

自分で土地の名義変更手続きを行った場合は、登録免許税分のみ、司法書士への費用はかかりません。

費用よりも時間を優先したい方は、自分で手続きするより専門家へ依頼したほうが良いです。