土地の名義変更を行わないとどうなるのか解説

将来的には変わる可能性があるものの、土地を相続するときの名義変更は任意です。

しかし、土地の名義変更を行わないと以下のような問題が発生する事があります。

◎土地を売れなくなる

人によって異なるものの、相続した土地の名義変更を行わない主な理由は以下をご覧ください。

・登録免許税などの費用がかかるから

・自分で名義変更手続きするのが面倒だから

・代々受け継いできた土地なので名義変更しなくても問題ないと思ったから

しかし、名義変更を行わないと、土地の名義が被相続人(亡くなった人)のままとなります。

自分に名義のない土地を売る事はできないです。

相続した土地を売りたいと考えている方は、名義変更手続きを忘れずに行ってください。

◎土地の活用が難しくなる

土地には賃貸経営、駐車場経営などさまざまな活用方法があります。

土地活用によって収益が期待できるのが魅力の一つです。

しかし、自分に名義のない土地だと活用はできません。

土地の活用を考えている方も、相続するときは名義変更手続きを行ってください。

◎土地の権利で争いが生じる恐れ

自分ひとりが土地の相続人であれば、大きな問題はありません。

しかし、相続人が多くなるほど土地の権利がややこしくなる事があります。

時が経ち、子や孫などの子孫が増えてきたときには、土地の権利で争いが生じる恐れがあります。

しかし、土地の名義変更で権利をはっきりさせておけば、子孫同士での争いは生じにくいです。

そのため、代々受け継いできた土地でも名義変更を忘れないほうが良いです。