土地を名義変更したときに発生する税金について

土地を名義変更するときに注意したいのが税金です。

土地は価値の高い財産のため、場合によっては大きな税金が発生することがあります。

◎土地の名義変更で発生する税金の種類

土地の名義変更で発生することがある税金は、以下をご覧ください。

・登録免許税

・不動産取得税

・所得税

・贈与税

・相続税など

登録免許税は名義変更の手続きを行うときに発生する税金です。

不動産取得税は名義変更後の土地の所有者に発生します。

所得税は土地の譲渡で利益が出た場合に発生する税金です。

贈与税は土地の贈与があった場合、相続税は土地の相続があった場合に発生します。

◎節税したい方は税理士に相談

贈与税の税率は3,000万円超(基礎控除後の課税価格)で55%です。

相続税の税率は6億円超(法定相続分に応ずる取得金額)で55%になります。

価値の高い土地ほど、発生する税金が大きくなることが多いです。

税務署では税金の相談ができるものの、節税の相談には乗ってくれません。

なるべく節税したい方は、専門家である税理士に相談してみてください。

税理士事務所によっては無料で相談できることがあります。(節税対策を依頼したときは費用が発生)

◎土地の価値を調べておく

税金が気になる方は、事前に土地の価値を調べたいところです。

土地の価値は不動産会社で査定を受けると分かります。

名義変更後に土地を売りたいときにも不動産会社による査定が役立ちます。

不動産会社によって査定が異なるため、土地を高く売りたいときは複数の不動産会社で査定を受けると良いです。

不動産一括査定サイトを利用すると、手間をかけずに複数の査定を比較できます。

■参考リンク…https://hedge.guide/feature/property-selling-tax.html( 不動産投資情報サイト HEDGE GUIDEのページが開きます)