贈る相手に合わせてどんなお肉が喜ばれているか?

By | 2018年2月22日

3111f17a589ac90e837074485b3df67e_s

お歳暮などの冬ギフトに最近では「お肉」が選ばれているのには色々な理由がありますが、そのひとつとしては「どんな家にでも対応できるところ」という特徴が挙げられます。

お肉ギフトはバリエーションも豊富で価格帯も広いので、贈る相手の家族構成や環境などに上手くマッチしやすいんですね。

そんなお肉のラインナップから、どんなアイテムが相手にとって都合がよく尚且つ喜ばれるかをご紹介していきたいと思います。

少人数のご家庭

おひとりで暮らしている方や、夫婦2人などのご家庭であればそこまで量が必要ではありませんから思い切って「ステーキ肉」をチョイスしてみてはいかがでしょう。

比較的年齢が若い方であればサーロインなどの霜降り肉が好まれるでしょうし、ご年配の方であれば脂身が少なく柔らかいヒレ肉が喜ばれると思います。

贈答用としてリッチな印象がありますし、グラム数が多いものでなければステーキ肉にしても値段を抑えられるかと思いますよ。

お子さんのいるご家庭

お子さんがいる家庭でしたら、料理に使えて比較的量が多いものが相手にとって喜ばれるかと思います。

松坂牛などのブランド牛でも、切り落とし肉やカットもも肉などであればかなり安く贈呈用として用意されていますのですき焼きにしても美味しいですし、かなり贅沢にカレーなどにもアレンジできます。

また国産鹿児島黒豚のロース肉なども色々な料理アレンジが出来て重宝されるかと思います。

これなら牛肉よりも価格を気にせずある程度の量が贈れますので便利ではないでしょうか。

比較的ご年配の方へ

ご年配の方へのお肉ギフトの基本はあまり脂が多くないものが好まれます。

最高級ブランド牛肉でも霜降り部分がたっぷりだとちょっと敬遠されてしまいますからね。

そういったところで考えると、もも肉をステーキ用カットされているものか肩ロースの薄切り肉をしゃぶしゃぶ用として贈答するのがベターだと思います。

しゃぶしゃぶであればサッパリと食べられますので、ご年配の方にも好評のアイテムのひとつですね。

お肉にこだわりのある方へ

普段からよくお肉を食べている方にはやはり牛肉などの希少な部位を贈るのが喜ばれるのではないでしょうか。

一番有名なのはヒレ肉から少量しか取れないシャトーブリアンですよね。

グラム数は少なくてかまわないので、こちらのステーキ肉などは必ず相手に喜ばれるお肉ギフト界の王様だと思いますよ。

ぜひ一度お試しください。