忙しいお宅にはお肉のギフト券が最適

By | 2018年4月2日

cc3a2968722d0f87415b4dcbdb36edd7_s

お歳暮を贈る時期になると、やはり年末ですからどの職場でもどの家庭でも忙しくなりますよね。

仕事も年内で締めなければいけないものがあったり、家庭でも大掃除などの準備に追われる12月。

そうした時には贈るお歳暮の種類も考えなければいけませんよね。

冬ギフトとしても最近人気が上がってきている「お肉ギフト」ですが、そうしたときには受け取る側に配慮したものが喜ばれるはず。

ここではそんな贈る側にも、贈られる側にも便利で手軽な「お肉ギフト券」のおすすめポイントをご紹介していきます。

■カタログギフトだと好きなお肉を自分で選べる■

お肉をお歳暮に贈ろうと考えたときに、真っ先に思い浮かぶのは相手の家族構成や食の嗜好について。

何人で食べるだろうか、どの部分が好きなのだろうか、と考えるのも感謝を伝える意味では必要な行動ではありますが最適なものを選ぶにはやはり一苦労ですよね。

そんなときに活躍するのが、「お肉のカタログギフト」です。

これは飲食店や精肉業者ごとにおススメのお肉やプランが記載されたカタログから、相手が好きなものを選べるので非常に便利だと思いますよ。

贈られる相手もハガキに記入するか、インターネットで内容を送信するだけなので手間をかけさせません。

また、選ぶ楽しみもありますから一度で二度美味しいですよね。

■ギフト券だとお客様の欲しい時に配達してもらえる■

お肉のカタログギフトやギフト券の一番魅力的な部分はどこかといいますと「相手の在宅時間を気にしなくていい」というところです。

どうしてもお肉を贈る際には痛みやすい商品なだけあって、早く食べてもらわなければいけません。

そうしたことが懸念されますが、ギフト券であれば相手が自分の都合のいいときに商品を取り寄せられるのでとても親切なギフトアイテムともいえますね。

■お肉ギフト券、その他のメリット&デメリット■

高級なブランド牛などがそのまま届くよりも、ギフト券といった形にした方がもしかしたら相手も恐縮しなくていいというメリットもあるかもしれません。

やはり普段食べなれていないものでしょうから、そうした部分では贈る相手にもよりますがギフト券の方が気持ちの上で親切かもしれませんね。

また、デメリットとしては贈られる側がちょっと不精な方だとハガキなどを出しに行くのを面倒に感じてしまうかもしれないという点です。

これに関しては相手との関係性や性格を加味した上で選ぶのがベストだといえます。