Monthly Archives: 4月 2018

【お歳暮マナー】贈るときの気をつけておきたいポイント

c8e1175cbb2413926ce651ce743b31d3_s

もともとは年末に先祖や目上の人、またはお世話になっている人へのお供え物として贈られてきたのがお歳暮です。

古くからある風習なだけあり、色々と決め事やマナーが多そうですがしっかりとした知識を持っておくのも社会人としては大切なことですよね。

そうしたお歳暮のマナーについてここではご紹介していきたいと思います。

贈る時期やお年賀との違い、はたまた贈り先の状況によってはどんな贈り方が最適なのかを見ていきますのでチェックしてみてくださいね。

■お歳暮を贈る時期■

お歳暮はいつ贈るのが一般的かということについて、意外と知らない人もいるかもしれません。

かつては12月13日から贈る風習がありましたが、現在では少しその時期も変わってきています。

また、12月20日までに届くのがベストとされていますね。

しかし、やはり以前とは人々の生活様式や生活リズムが違ってきていますので、近年では12月13日という日付にとらわれることなく12月に入ったら贈ることが一般的になっています。

お歳暮を贈る時期が早い地域などでは11月の終わりごろから贈り始めることもあるそうですが、そうした部分を加味すると「12月1日~12月20日あたり」がお歳暮を贈るのに適した時期といえそうです。

■お年賀との違い■

旧来では12月20日以降にお歳暮が届いてしまいそうだと判断したときには、相手先に一言断りを入れて「1月1日~1月6日」の期間に届くようにするのが一般的です。

この期間を「松の内」といい、その間中に届けられる贈り物を「御年賀」と総称しています。

また、松の内を過ぎた時期になると「寒中見舞い」と呼び方が変わりますのでご注意ください。

お歳暮やお年賀には1年の感謝と1年の始まりの挨拶を添えるのがマナーとされていますので、時期によって異なる手紙を用意しましょう。

■お歳暮を贈る相手への配慮とは■

お歳暮は祝い事としての贈り物ではありませんので、年賀状のように喪中などの概念はありません。

ただし、やはり人間社会においての円滑なコミュニケーションのために一言断りを入れるのが大人のマナーというところです。

また、宗教間においてはさほど気にする点はなく、相手がどんな宗教であってもお歳暮を贈ることが悪いこととはなりませんのでご安心ください。

お歳暮を贈る人の選び方ですが、基本的には会社でお世話になっている方や取引先などがメインとなります。

結婚している場合は相手先の実家に贈ることも一般的ですが、仲人などを務めてくれた方にも贈るのが常識とされています。

こちらの参考サイトもぜひどうぞ…https://www.b-lab.jp/ambassador/04175/

世界からも注目されている日本の三大和牛について

cows-cow-203460_640
お歳暮に選ぶギフト商品として、最近注目を集めているのがブランド牛のギフトセット。

値段は少々高くはなりますが、その分贈られた側の満足度も非常に高いアイテムのひとつです。

そんなブランド牛ですが、実は日本では三大和牛というものが有名なのを知っていますか?

それぞれのブランド牛ごとに異なる特徴とこだわりがあり、贈り物として選ぶ際に役立つ知識でもありますのでここではそのことについてご紹介していきたいと思います。

■日本三大和牛とは■

日本三大和牛とは「松坂牛」「神戸牛」「米沢牛or近江牛」といったもののことを指します。

前者2つは世界的にも有名な牛肉ブランドとなっています。

米沢牛と近江牛に関しては地域や取り扱う業者によって意見が分かれるところとなっていますが、近年では2つを含めて四大和牛と表記するところもあるようです。

■松阪牛■

肉の芸術品とも称され、霜降り肉というフレーズを全国的に有名にした功績も大変大きいブランド牛です。

三重県松阪市周辺で飼育された牛のことを指しますが、但馬牛を代表とする黒毛和牛をベースに交配されているのが特徴です。

その肉質は非常に評価が高く、厳格な基準をもとに出荷されています。

定義としては黒毛和種で子供を生んだことのない雌牛で、松阪の土地で900日以上飼育した牛にのみその名前が与えられています。

■神戸牛■

兵庫県神戸市周辺で飼育されている牛のことを指しますが、正式名称を「神戸ビーフ」「神戸肉」といい、一定の基準を満たしたもののみにその名前が付きます。

最高品質のものだけが神戸ビーフという表記がされ、それ以外は但馬牛と呼ばれ出荷されています。

代表的な定義でいうと、出産をしていない雌牛か去勢済みの雄牛であること、一頭から取れる肉の量が基準値を上回っていることが挙げられます。

日本の牛肉の中では一番欧米諸国で評価が高い牛肉とも言われているのが、こちらの神戸ビーフです。

■米沢牛■

山形県米沢市において特定の3市5町で32ヶ月以上飼育されていて、尚且つ肉質が一定の基準を超えているものが米沢牛として認められています。

その歴史は古く、まだ日本の地方部では肉食文化に馴染みのなかった明治4年に初めて食べられ始めたとされています。

県の特産品としても取り上げられ、東北を代表する牛肉でもあります。

■近江牛■

食肉用として飼育されたものの中で、日本においてはもっとも古い歴史を持つのが近江牛です。

滋賀県内で育てられた牛のことを指し、1600年前後からその牛肉が食用として取り扱われていたことから日本最古の牛肉として昔から人気があるブランド牛です。

年間出荷頭数は5,000となっており、非常に希少価値が高いのも近江牛の特徴ともいえます。

忙しいお宅にはお肉のギフト券が最適

cc3a2968722d0f87415b4dcbdb36edd7_s

お歳暮を贈る時期になると、やはり年末ですからどの職場でもどの家庭でも忙しくなりますよね。

仕事も年内で締めなければいけないものがあったり、家庭でも大掃除などの準備に追われる12月。

そうした時には贈るお歳暮の種類も考えなければいけませんよね。

冬ギフトとしても最近人気が上がってきている「お肉ギフト」ですが、そうしたときには受け取る側に配慮したものが喜ばれるはず。

ここではそんな贈る側にも、贈られる側にも便利で手軽な「お肉ギフト券」のおすすめポイントをご紹介していきます。

■カタログギフトだと好きなお肉を自分で選べる■

お肉をお歳暮に贈ろうと考えたときに、真っ先に思い浮かぶのは相手の家族構成や食の嗜好について。

何人で食べるだろうか、どの部分が好きなのだろうか、と考えるのも感謝を伝える意味では必要な行動ではありますが最適なものを選ぶにはやはり一苦労ですよね。

そんなときに活躍するのが、「お肉のカタログギフト」です。

これは飲食店や精肉業者ごとにおススメのお肉やプランが記載されたカタログから、相手が好きなものを選べるので非常に便利だと思いますよ。

贈られる相手もハガキに記入するか、インターネットで内容を送信するだけなので手間をかけさせません。

また、選ぶ楽しみもありますから一度で二度美味しいですよね。

■ギフト券だとお客様の欲しい時に配達してもらえる■

お肉のカタログギフトやギフト券の一番魅力的な部分はどこかといいますと「相手の在宅時間を気にしなくていい」というところです。

どうしてもお肉を贈る際には痛みやすい商品なだけあって、早く食べてもらわなければいけません。

そうしたことが懸念されますが、ギフト券であれば相手が自分の都合のいいときに商品を取り寄せられるのでとても親切なギフトアイテムともいえますね。

■お肉ギフト券、その他のメリット&デメリット■

高級なブランド牛などがそのまま届くよりも、ギフト券といった形にした方がもしかしたら相手も恐縮しなくていいというメリットもあるかもしれません。

やはり普段食べなれていないものでしょうから、そうした部分では贈る相手にもよりますがギフト券の方が気持ちの上で親切かもしれませんね。

また、デメリットとしては贈られる側がちょっと不精な方だとハガキなどを出しに行くのを面倒に感じてしまうかもしれないという点です。

これに関しては相手との関係性や性格を加味した上で選ぶのがベストだといえます。